カラーの色持ちを良くするには(色味編)

2015/09/17
ロゴ

カラーをなさっている方はいろんな悩みを持っている方がいらっしゃいます。

色味の問題、明るさの問題、ダメージの問題などさまざまです。

でもせっかく美容室でやってもらったら出来るだけ長くその状態をキープしたいですよね。

まず色味の問題ですが、持ちのいい色味とそうでない色味ははっきりしています。

日本人の髪はもともと赤味が強いですので、これを全く色味を加えずに少しづつブリーチしていくとオレンジになりもう少し脱いていくと黄色になります。

感のいい方はもうこれでお分かりですよね。

つまり自分の希望する明るさによって出やすい色は決まってくると言うことです。

で、この明るさで他の色味にしたいとなりますから色素を加えなければいけません。

当然外れた色味を加える方が色持ちは悪くなります。

特にアッシュ系の色を希望する場合、ブルーの色素を多く含みますので、もともと暗く見える色味ですからベースはかなり明るくしなければいけなくなり、その分退色ははやくなります。

もって数週間ですので、これで1ヶ月以上キープしようなんてことは初めから考えないで下さい。

若い方は特に雑誌のモデルさんのような色にしたいと思い希望されますが、写真のモデルさんの髪の色は永久にそのままですが、当の本人は数週間で別の色にしてますので。

初めからもたないことを理解した上でやりましょうね。

そうなるとカラーリングの周期が早くなってきますので次に気になるのはダメージの問題ですね。

なので次回はダメージのお話です。

色味をできるだけもたせたい方は自分の希望する明るさから2,3レベルの範囲内で自然な色素補正で済むような色を選ぶことをお勧めします。

ただちょっと難しいところもありますがね。

市販のカラーをやった方で塗ったらパッケージの色と全然違ったなんて経験ありませんか。

これ美容室も同じで、メーカーによって全く同じ色の表記でも色素配合比率は全然ちがいます。

これが分かっていれば計算もしやすいんですが、どのメーカーに尋ねてもレシピは企業秘密なので教えてくれません。

結局使って見なければ分からないということですね。

あとは経験だけが頼りというところでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
Switch Hair
http://switch-hair.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都目黒区目黒2-2-12
TEL:.03-3712-8030
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆