アレルギーとアナフィラキシー

2015/10/05
ロゴ

カラーが原因でアレルギーを起こした場合反応のメカニズムとしては大まかには3つ。

この中でもっとも危険な症状はアナフィラキシーです。

もしあなたがカラーで反応を起こした時、このアナフィラキシーだったかどうかを判断する方法は全身に症状が出たかどうかです。

一般に表皮で起きるアレルギー反応と違い、アナフィラキシーの場合は真皮(いわゆる皮膚の奥側)で起きる反応です。

真皮の下には血管が通っていますので、血管を通して全身に症状がでます。

ですから頭に塗っただけでも全身に症状がでます。

またこのような症状が起きた場合、2回目はかなり危険な状態になりますので、くれぐれもお気をつけください。

間違っても以前と同じカラー剤は絶対に使わないでください。

今更のように書きましたが、まだまだ安易に考えている方も多いです。

もともとアレルギー体質でない人がアレルギーを起こす原因は最初のサインを見逃しているからです。

カラーが原因の場合も、繰り返しやっていくうちに、かゆみが出てきても、滲みたりしても、もともと良くないものを使っているんだからまぁこんなもんだろうと慣れてしまうことです。

少しでも心当たりのある方は専門の機関に相談するなり、それがカラーが原因だと思われる方はうちでも無料カウンセリングを行っております。

早めの対応を心がけて下さい。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
Switch Hair
http://switch-hair.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都目黒区目黒2-2-12
TEL:.03-3712-8030
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆