皮膚の免疫

2015/10/07
ロゴ

前回もお話ししましたが、アレルギーの方にとって免疫を上げていく事は大切な課題だと思います。

そこで今日は皮膚の免疫性について考えてみましょう。

まずは皮膚が持っている免疫として働いている酵素のお話し。

うちも施術の時にはこれを一番よく使うんですが、具体的にはSOD酵素、カタラーゼ、グリタチオンペルオキシターゼ、これらは主に活性酸素、たんぱく質分解酵素などの解毒をしてくれます。

他にもイソクエン酸、ピルビン酸キナーゼ、グルコース6リン酸脱水素酵素など。

これらはヒスタミンやベルベリンの解毒にあたります。

反応が起きた時に細胞障害物質としてヒスタミンを放出しますが、薬では解毒する事はできません

よく、風邪薬のCMで見たことあるでしょ。そうブロックするだけです。(抗ヒスタミン剤)

これを解毒するんですから、人間の体って本当にすごいですね。

もう一つは正常菌叢、もともと人と共存している菌で他の菌から守ってくれてます。

私があまり殺菌剤を勧めない理由もこの子たちを守りたいからです。

そして好中球。白血球の仲間です。

外から異物が侵入してきた時に攻撃してくれます。

ただし、化学物質に対しては効果がないので、これをやってくれてるのがマクロファージです。

アトピーの方はこの好中球が異常活性している状況で、原因は化学物質の乱用と言うことになります。最後にヘルパーT細胞。

これは抗体を生産してくれます。

このように私たちの体にはもともと備わった防衛機能を持っています。

これを使って治していくことはもっとも安全な方法で、薬に勝る部分もあると思います。

アレルギーの皆様、これを使って一緒に戦いませんか。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
Switch Hair
http://switch-hair.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都目黒区目黒2-2-12
TEL:.03-3712-8030
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆