フェイシャルトラブル

2018/01/13
フェイシャルトラブル

美しく健康的な素肌に・・・

美しく健康的な素肌でいることは、ほとんどの女性が望んでいる ことではないでしょうか。ここでは多くの女性が悩むトラブルを いくつかピックアップして、お話させていただきます。

よくあるフェイシャルトラブル​

たるみ・小じわ

男性のしわは、よく「男の年輪」や「男のの履歴書」など、その人の生き方や人格の重みを刻み込んだ、とても誇らしいものです。ですが、女性のしわは“老化現象”としての認識が高いようです。
実際、25歳を過ぎると、しわの数や深さが出始めてきます。
しわが出来ると、疲れや身体の変調を考えてしまい、女性的・健康的な魅力を半減させてしまいます。
年齢を重ねていくと、肌はなぜ老化してしまうのでしょうか。
植物のヘチマや海綿などを、思い浮かべてみてください。 水分をたっぷり含んでいる時は、弾力性に富んでいますが、乾燥すると、硬くガサガサし、表面が凸凹になっていますよね。
ここで、ヘチマや海綿の繊維にあたるものが、私たちの人間の皮膚内にある、コラーゲンという物質になります。また水分にあたるものが、皮膚ではプロテオグリカンという多糖類の一種になります。
赤ちゃんの皮膚には、コラーゲンで作られているため、プロテオグリカンもたっぷり作られ、弾力のあるモチモチしたお肌です。ですが、成長とともにプレコラーゲンの影響が低下し、弾力とみずみずしさを失っていきます。また、年齢を重ねていくごとに、メタコラーゲンというコラーゲンを形成させるため、強い皮膚になる代わりに、プロテオグリカンの影響が失われ、しわやたるみが出来てしまうのです。

シミ

紫外線を多く浴びると出来るシミ。
他にも、シミが出来る原因には、以下のような理由が考えられています。

・化粧品の乱用

・化学製品の乱用

・アンバランスな食生活

・生活環境の悪化
・生活の不摂生

・不健康

・不安

・ストレス etc

日焼け止めクリームを塗り、しっかりとケアすることが大切です。

ニキビ・吹き出物

・年齢関係なく悩まされるニキビ

・吹き出物

・男性ホルモンの異常(男性)
・黄体ホルモンの異常(女性)

・疲労

・睡眠不足

・便秘

・飲酒

・肝臓機能の低下
・偏食(糖類の過剰摂取、脂肪分の過剰摂取、野菜不足)

・ストレス

・不潔(雑菌の繁殖)

などが原因と考えられています。 
またニキビは、黄体ホルモンの異常分泌により発生し、初潮から30歳くらいまでの女性にみられる症状です。疲労、睡眠不足、便秘、飲酒、ストレスなどが皮脂腺を刺激したり、糖分・脂肪分の過剰摂取、動物性たんぱく質の過剰摂取などが中性脂肪を作ってしまうため、ニキビを悪化させてしまう原因になっています。 吹き出物は、皮膚の自然治癒力の低下によって黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌などの化膿菌の異常増殖により発生します。

化膿菌が異常増殖する原因

・飽和脂肪酸による被覆膜の形成不全

・正常菌叢の調和の取れた活性の崩壊
・セラミドの形成不全

・基底細胞の増殖力の低下

・線維芽細胞の活性力の低下
・白血球、リンパ球の働きの低下

上記以外にも、無理なダイエット、偏食、睡眠不足、喫煙、便秘、生理前、生理不順、妊娠、アレルギー、疲労、肝臓疾患、薬害、更年期、ストレス、不潔、化粧品、季節の変わり目なども吹き出物の原因と考えられています。