パーソナルカラーによる髪型の合わせ方を詳しくご紹介!

2021/05/12
カラー 髪色 合わせ方

ヘアカラーでは印象をガラリと変えられますが、カラーには似合う・似合わないがあります。理想の髪色にしたいと思っていても、実際にカラーをしたところしっくりこないこともあるでしょう。そこで重要となるのが、「パーソナルカラー」です。

 

今回はパーソナルカラー別の似合う色や、髪色の合わせ方についてご紹介いたします。

 

1. パーソナルカラーがポイント

パーソナルカラーとは、その名のとおり個人にあう色のことです。肌や唇、髪や瞳などの色には個人差がありますので、それらと調和の取れる色のことを指します。洋服やヘアカラーでどの色が自分にとって似合う色なのかわからない、という方は多くいるのではないでしょうか。その指標となるのが、パーソナルカラーです。パーソナルカラーには大きくわけて、4種類が存在します。

 

1-1. イエローベース春

イエローベースで、色白で肌にツヤのあるタイプとなります。可愛らしさを感じさせる明るい色調です。カジュアルや元気・若々しいというイメージをもつ色です。

 

1-2. ブルーベース夏

ブルーベースで頬が赤くなりやすく、肌に黄色みが少ないタイプとなります。やわらかさを感じるやさしい色調となり、夏のイメージである突き抜けた明るさではなく、少しダスティな感じです。エレガントや涼しげといったイメージをもつ色になります。

 

1-3. イエローベース秋

イエローベースでマット感があり、深みのある落ちついた肌色となるタイプです。どことなく深みを感じさせつつ、リッチな雰囲気をもつ色調です。渋さやワイルドといったイメージがぴったりなハードタイプの色となります。

 

1-4. ブルーベース冬

黒髪で瞳の色のバランスが、白目と黒目ではっきりとしているタイプとなります。肌の色に関しては色白からダークまで、幅広いのが特徴です。原色に近いシャープさのあるストロングな色で、華やかなイメージとなります。

 

2. パーソナルカラーの診断方法

気になるパーソナルカラーの診断方法ですが、以下の5つの項目によって決まります。

 

2-1. 血管の色

手首の裏側をみると、薄っすらと血管がみえることでしょう。その血管の色によって、イエローベースとブルーベースのどちらかに分類されます。このとき注意してほしいのが、太陽の光の下で確認することです。室内照明でも十分と思いがちですが、正しい血管の色を確かめるためには、太陽の光でなければなりません。

 

2-2. 目の色

目の色でもパーソナルカラーがどれに該当するのかたしかめられます。しかし日本人の場合はそれほど目の色にバリエーションがないため、診断結果が偏ってしまう傾向にあります。とはいえ個人差がある部分であることには変わりはないため、まずはたしかめてみましょう。

 

2-3. 唇の色

唇の色も人によってさまざまなため、目の色と同様にご自身の唇の色がどうなっているのかによって、パーソナルカラーがわかります。寒さを感じていたりすると正しい色ではなくなってしまうため、本来の色で確認するようにしましょう。

 

2-4. 肌の色

肌の色で確認する際には、日焼けしていない本来の肌の色の状態で行うようにしましょう。血管などではなかなか確かめられない場合もあるので、肌の色なら確認もしやすいのではないでしょうか。また日に焼けた際の肌の色の変化によっても、パーソナルカラーの診断が可能です。

 

2-5. 髪の色

地毛の色でパーソナルカラーをたしかめられます。すでにカラーをしている方があまり似合っていないのではと、感じることも少なくありません。そういったときは地毛からパーソナルカラーを知ることで、納得のいくカラーにできることでしょう。

 

3. イエベ春・秋の方に似合う色

まずイエベ春の方に似合う色ですが、ベージやオレンジなどの明るさの強い色となります。黒髪やブルーなどのくすみのあるカラーですと顔が暗くみえてしまうため、要注意です。ミルクティベージュやオレンジブラウンなどの明るさを感じさせつつ、派手すぎないようなカラーにすると雰囲気にあった印象を与えられることでしょう。ショートやセミロングの髪型がぴったりです。

 

イエベ秋の方の場合大人っぽさを感じさせる、ゴージャスな色が似合います。オリーブやチョコレートにブラウンを混ぜた、深みのあるシックな色がおすすめです。肌に黄色みがあり落ちついた印象を感じさせるタイプなため、ピンクやハイトーンなどは馴染みが悪いので避けましょう。カーキグレージュやダークブラウンなどのように深みのあるカラーなら、エレガントな印象を補強できます。セミロングからロングの髪型がよくあうことでしょう。

 

4. ブルべ夏・冬の方に似合う色

ブルベ夏の方におすすめの色はアッシュやブルー、グレー系の色となります。パーソナルカラーがこのタイプの方はやわらかく上品な印象を感じさせるため、艶っぽくソフトな髪色が似合うのです。くすんだ色というのがポイントとなります。黒髪のようにはっきりとした色は、避けたほうがよいでしょう。ネイビーやローズピンクなどであれば、派手さを出しつつ深みも感じさせます。ロングのヘアスタイルが似合うことでしょう。

 

ブルベ冬の方の場合には、パープルやグルーなどの暗めの色が似合います。シャープで透き通るような白い肌が特徴的なタイプのため、暗めの色にすることによって透明感をさらにプラスできるのです。イエロー系にしてしまうとくすんでしまうので、なるべく避けましょう。ブルーブラックや黒髪などがおすすめです。黒髪の場合は重たく感じさせてしまうこともあるので、スタイリングなどで動きをつけるとよいでしょう。ショートからセミロングの髪型なら、重さを感じさせにくいのです。

 

5. まとめ

髪色には非常に多くの種類がありますが、どのカラーにするかによって使用するカラー剤も異なります。ご自身のパーソナルカラーを知ることによって、似合う色が明確になりますので、参考にしてみましょう。「スウィッチヘアー」ではオーガニックカラーなど、さまざまなカラーメニューをご用意しております。カラーをご希望の方はぜひ一度お越しください。