髪のくせの原因とその改善方法とは?詳しくご紹介

2021/07/21
髪 くせ

髪のくせが治らなくて、毎朝シャンプーをしないと出かけられない、ヘアアイロンが欠かせないという女性も少なくないようです。くせの無い髪なら、鏡に向かう時間も短くなり、出勤前の時間をもっと有意義に過ごせるはずです。この記事ではそんな煩わしい髪のくせやその原因、そして改善方法までを紹介しています。

 

1. 髪のくせはどうして起こる?

1-1. タンパク質結合のゆがみ

くせ毛といっても人によってその程度はさまざまで、毛先が跳ねる程度から全体に大きなウエーブが出るなどその種類は異なり、髪の状態は、その内部にあるタンパク質の結合によって変化します。S結合と呼ばれていますが、直毛の人はこの結合がまっすぐ整っています。

 

いっぽう、いわゆるくせ毛の状態は、このS結合がずれた状態で結ばれてしまったため、髪そのものがゆがんだ状態になっているのです。

 

1-2. ケラチンタンパク質が不均一

髪はケラチンタンパク質と呼ばれる毛小皮(キューティクル)に覆われ、さらにその中には毛皮質、毛髄質という3つの部分で構成されています。このキューティクルに守られた毛皮質はコルテックスとも呼ばれ、硬いタンパク質と柔らかいタンパク質からできています。

 

柔らかいコルテックスは水分を含みやすく、逆に硬い部分は水分を吸収しにくい性質があるため、どちらかのバランスが強いと、タンパク質の配置に乱れが生じるでしょう。タンパク質が乱れた状態の髪は、まっすぐな状態を保てないため、歪みがでたり、一部が細くなったり太くなったりします。その結果、髪にうねりが発生します。

 

1-3. 毛穴の問題

子どもの頃からくせ毛だという人は、毛穴そのものが遺伝により、曲がっていることが考えられます。毛穴が変形していると、そこから生える髪の毛も曲がって生えるため、くせ毛になります。

 

いっぽう直毛の人は、毛穴が垂直です。大人になってから髪のくせが気になりだした場合は、ストレスや使っているシャンプーが合わないことから頭皮がダメージを受け、毛穴が変形してしまった可能性が考えられます。

 

1-4. 強い紫外線の下で過ごす

肌のUVケアは気をつけていても、髪の毛までは手が回っていないということもあります。実は紫外線によって、髪を保護するキューティクルが破壊され、水分調整がうまくできなくなることがあります。その場合、梅雨の時期に髪が広がったり、うねったりすることがあるでしょう。

 

2. 髪のうねりの特徴

くせ毛といっても、髪が全体的に広がる人もいれば、一部だけがいつもはねるなど、さまざまです。大きくわけて、髪全体にくせがある人と毛の流れによってくせがでている2つのタイプに分けられます。

 

2-1. 髪全体にくせがある場合

髪の毛一本一本の太さがまばらで凹凸も多く、硬い髪質の人に多くみられ、部分的に髪が乱れ、パサついたように見えます。他にもいわゆる天然パーマと呼ばれる髪の毛の一本一本にねじれが均等に発生し、まるでヨーロッパ人のような巻き毛をもつ人もいるでしょう。そして髪がよく広がるという人は波状毛といわれる状態で、髪全体が波をうっているようにみえます。

 

2-2. 毛の流れによりくせがある場合

毛の流れにくせがある場合、おもに毛の根元に特徴がでます。耳の後ろや前髪や後頭部あたりの髪が内向きになるため、髪にボリュームが出やすくなります。逆にこれが外向きになっているなど、生えぐせによっては、髪がいつもペタンとしていて、髪が少なく見えてしまうでしょう。

 

3. 髪のくせを改善するには

3-1. シャンプー選び

遺伝的なものもあり、簡単に効果が出せないケースもありますが、まずは自分の髪質を知って、それを改善するようなシャンプーを選ぶことが大切です。

 

髪にボリュームが出やすく広がりやすい人は、実は髪が乾燥している可能性があります。その場合は、しっかりとうるおいを補給するタイプのシャンプーを選ぶことが大切です。また髪を洗う際の摩擦で髪が傷んでしまうので、よく泡立つタイプのシャンプーで優しく髪をあらうことが大切です。

 

3-2. スカルプケアーを定期的に

シャンプーの後、洗い流しがきれいにできていない場合、毛穴が詰まってゆがみができてしまいます。くせ毛の原因になってしまうので、頭皮を清潔にしておくことは大切な対処法です。毛穴ケアをできるタイプのシャンプーを選んだり、サロンでスカルプケアーを定期的に取り入れたりするなどすることで、症状が改善されていきます。

 

3-3. トリートメント

コンディショナーは使っていてもトリートメントはしていないという人は、トリートメントを日常のケアに取り入れてみましょう。コンディショナーは髪の潤いをコーティングする効果がありますが、トリートメントは髪の内部に働きかけ、必要な栄養分を与えてくれます。

 

4. まとめ

髪のくせは、遺伝的なものから髪そのもののタンパク質の配列のずれ、さらには毛穴の歪みなどが原因で発生します。それを改善するためには、シャンプーの選び方そして自分にあったサロンを選ぶことが大切です。

 

「スウィッチヘアー」はアレルギー対策に着目し、シャンプーからカラーまで、オーガニック用品を積極的に利用して、頭皮の健康を大切に考えているサロンです。

 

まずは髪の状態を丁寧なカウンセリングで聞いた上で、ヘアスタイルなどを決めています。他のサロンでカラーをして髪や頭皮が傷んでしまったという方も、当サロンで安心してカラーやパーマをできるようになったと嬉しい声を頂いております。くせ毛で悩んでいる方はぜひ一度ご相談ください。